屋外型トランクルームの保存状態

季節ごとの気温・湿度に注意

家に入りきれない荷物を保存しておくのに便利なトランクルーム。トランクルームは室内型と室外型の2種類があり、屋外型は屋内型と比べて値段が安く、収納スペースが広いというメリットがあります。

しかし屋外に設置されているため、気温や湿度といった天候に影響されやすく、空調設備があまり良くないところだと荷物が劣化してしまったりカビが生えてしまったりしてしまいます。また雨や砂ぼこりなどでトランクルームが汚れてしまう可能性もあります。

屋外型トランクルームを利用する際はあらかじめ設備やまわりの環境を確認しておき、荷物もプラスチック製品などの温度・湿度にあまり影響されないもの・万が一汚れてもすぐにきれいにできるものなどを選んで有効に利用しましょう。

セキュリティー面にも注意を

室外型トランクルームは外に設置されているため、敷地内の出入りが比較的簡単です。そのため、中の荷物が何者かによって盗まれる危険性は室内型よりも高くなり、セキュリティー面に注意しないといけません。防犯が行き届いていないトランクルームだと保存していた荷物が盗難にあう確率が高くなり、安心して荷物を置くことができません。

安心して荷物を預けるには、利用するトランクルームは厳重に施錠されて簡単には侵入されない作りになっていないか、敷地内に監視カメラが設置して第三者が侵入しにくいようにしているといった防犯対策をしており、トランクルームを管理・運営している会社は信頼できるかどうか調べてから選ぶようにしましょう。

雨風をしのぎたいだけのバイクガレージが必要なら、業者に頼んで建築しなくても合成樹脂の組み立て式大型倉庫を購入して自力で建てれば、経費の節減になります。